Bit Lending

BitLendingの送金手数料を無料にする方法とは?GMOコインを利用しよう!

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

BitLendingへの送金手数料が高い...

安く押さえるいい方法ない?

と、いった悩みを解決します。

この記事の内容

  • 送金手数料を無料にする方法
  • 預け入れにおすすめな暗号資産
  • よくある質問

結論を言うと、GMOコインを利用して送金すれば、送金手数料無料でBitLendingに預け入れが可能。

本来であれば、送金だけで数千円掛かり知らないで送金すると、手数料で損をしてしまう可能性も。

BitLending以外の取引所への送金も無料なので、お得に暗号資産を運用したい人は1つは持っておきたい口座ですよ!

たくや

そこで、今回の記事では送金手数料が無料になる裏技をやり方も踏まえて解説していきます。

BitLendingの送金手数料が無料!

(その他の取引所は手数料で数千円掛かる場合も...)

\登録簡単!約10分で口座開設できる!/

GMOコインの登録はこちらから!

GMOコインを利用して送金しよう!

それではGMOコインを利用して送金する方法を解説していきます。

手順としては、以下のような手順。

もし、GMOコインの口座開設が終わっている場合は、STEP②から見て行ってください。

【STEP①】GMOコインの口座開設

まずは、GMOコインの口座開設からやっていきましょう。

GMOコインの口座開設の方法は以下の記事で解説しているのでそちらを参照してください(画像あり)

合わせて読みたい!

平日の午前中に申し込むと、最短で即日口座開設が完了します。

【STEP②】GMOコインで通貨の購入

口座の開設が完了したら、運用したい通貨を購入しましょう。

購入方法については以下の記事で詳しく解説しているので、そちらを参考にしてみてください。

まずは日本円の入金から始めましょう!

たくや
合わせて読みたい!

GMOコインでは、BitLendingで運用できる3つの通貨が購入可能です。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • DAI

どの通貨を運用しても構いませんが、おすすめやはりビットコイン。

将来性に期待して現在もBitLendingに貸し出しています。

たくや

【STEP③】BitLendingに送金情報の登録

それでは、通貨の準備ができたら実際に通貨の送金をしていきましょう。

まずは、BitLendingで送金する通貨の登録をしていきます。

手順は以下の通り。

※ スマホを利用した手順です。PCでも同様の手順で送金が可能です。

step
1
BitLendingにログイン

まずはBitLendingにログインしましょう。

step
2
「暗号資産を貸し出す」をタップ

step
預けたい通貨の量を入力

今回ビットコインを送金するので、BTCの部分に入力しました。

もしイーサリアムを入金したいのであれば、ETHの部分に数量を入力しましょう。

step
4
入力後「入力内容確認」をタップ

step
5
「この内容で申し込む」をタップ

入力に誤りが無ければ「この内容で申し込む」をタップしましょう。

step
6
申し込み完了

BitLendingの申込みは完了です。

終了後「入金アドレスを確認する」をタップしましょう。

上記のような画面が表示されたら、正常に終了しています。

トラベルルール向けの情報に関しては、後ほどGMOコイン側で入力するので、正しく表示されているか確認してください。

続いて、GMOコインのアプリの操作をしていきます。

【STEP④】GMOコインに送金先を登録する

step
1
アプリを開いて「預入/送付」をタップ

step
2
送信する通貨を選択

※ 今回はビットコインを送金するので、ビットコインを選択しています。

step
3
「送付」→「新しい宛先を追加する」をタップ

step
4
「GMOコイン以外」→「プライベートウォレット(MetaMaskなど)」をタップ

step
5
「ご本人さま以外」→「法人」とタップ

step
6
情報の入力

上記の画面になったら「トラベルルールの情報」を入力していきます。

トラベルルールの情報の確認方法は、BitLendingの「入金アドレスの確認」から行えます。

また、下記の表をコピペして、入力して頂いても大丈夫です。

トラベルルール情報

  • 宛先名称:BitLending(任意)
  • BTCアドレス:コピペ
  • 法人種別:株式会社
  • 法人格の前後:前
  • 受取人名称:J-CAM
  • 受取人名称フリ:ジェイカム
  • 受取人名称(英語):J-CAM
  • 受取人居住地:日本
  • 受取人住所:東京
  • 受取人との関係:投資先

入力箇所が多いので、間違えのないように確実に入力しましょう。

特に気をつけて欲しいのは、アドレス入力欄です。

間違えると、違うウォレットに通貨が送金され、戻ってこない可能性もあるので、何度も確認して正しいアドレスを入力しましょう!

step
7
レ点→「登録する」をタップ

step
8
確認メールの送信

step
9
登録メールアドレスに届いたメールを開く

登録メールアドレスに届いたメールを開きましょう。

URLから登録手続きを完了させましょう。

step
10
「認証を完了する」をタップ

step
11
完了

お疲れ様でした!

申請はこれで終わりです!

たくや

あとは、GMOコイン側が審査をしますので、審査が完了するまで待ちましょう。

【STEP⑤】GMOコインからBitLendingに送金する

step
1
アプリから「送付/預入」をタップ

step
2
送金通貨をタップ

今回はビットコインを送りたいので、BTCを選択しています。

自分が送りたい通貨を選んでください。

step
3
「送付」→「登録した宛先」をタップ

step
4
宛先を確認

宛先に間違いがなければ、レ点チェックの上「次へ」を選択しましょう。

step
5
本人確認

登録情報に誤りがなければ、レ点と「次へ」をタップしましょう。

step
6
送付内容を入力

送付内容を入力しましょう。

上から順番に、必要事項を入力後「確認画面へ」をタップ。

step
7

入力内容に間違いがなければ、レ点チェックを2箇所して「実行」をタップしましょう。

実行後、送金が実行されます。

お疲れ様でした!

あとは着金連絡が登録アドレスに入るので、それまで待ちましょう!

たくや

預け入れにおすすめの通貨!

ここからは預入におすすめの通貨を紹介していきます。

今回おすすめする通貨は以下の3つ。

預入におすすめの通貨3選!

  • 【おすすめ】ビットコイン
  • イーサリアム
  • DAI

1つずつ解説していきます。

【おすすめ】ビットコイン(BTC)

どれを預け入れるか迷っているのであれば、ビットコイン一択と言えるでしょう。

自分はビットコインを実際に預け入れています!

たくや

暗号資産といえば、ビットコイン(BTC)と答える人も多いほど注目を集めているコイン。

時価総額ランキングは常に1位であり、最初に出来た暗号資産でもあります。

一部の投資家からは、値上がりが期待されており、将来何倍にも値上がりするのでは?と考えられています。

もし、どの通貨を預け入れるか迷った場合は王道のビットコインを預け入れるのもおすすめな選択の1つです。

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)はアルトコインの筆頭であり、時価総額ランキングNo.2の暗号資産です。

ビットコインにはない機能を持ち合わせており、その代表がスマートコントラクト。

分散型のアプリケーションプラットフォームの提供もでき、今後の期待が高まっています。

またビットコインの時価総額を超えるのでは?とも噂されており、信頼のできる通貨の1つです。

今後、利用の幅や機能の拡張などで、さらに注目が集まる可能性もあるので、イーサリアムもおすすめな通貨の1つです。

DAI

DAIは価格変動がほとんど起こらないステーブルコインなので、価格を安定させて預けておきたい人におすすめな通貨です。

ステーブルコインとは?

取引価格が安定するように、ドルや金などを担保に価格の安定化を図った通貨のこと。

ちなみにDAIは暗号資産を担保に発行されるステーブルコインです!

たくや

どうしても暗号資産は値動きが激しく、価格の安定が難しいことが大きなデメリットです。

上記で紹介したビットコインやイーサリアムは、少ない期間で乱高下を繰り返し、価格が安定しているとは言えません。

運用益はプラスでも、価格の下落でマイナスになるなんてことも起こります...

たくや

その点DAIを預けておけば、購入したときとほとんど価格が変わらないので、運用益を確実に稼げます。

通貨自体の下落を抑えて、BitLendingを運用したい人にはおすすめの通貨と言えるでしょう。

よくある質問

最低貸出枚数は何枚からですか?

最低貸出枚数は通貨によって違います。

以下の表を参考に自分が貸出したい通貨の最低貸出枚数を把握してください。

通貨名最低貸出枚数
BTC(ビットコイン)0.01BTC
ETH(イーサリアム)0.1ETH
USDT200USDT
USDC200USDC
DAI(ダイ)200DAI

承認されなくて不安です...大丈夫でしょうか?

承認には少し時間が掛かります。

承認までには最大で3営業日程度かかる場合もあります(マイページへの反映まで)

休日等に入金手続きをすると、普段より承認まで時間が掛かります。

自分も記事執筆のタイミングで新しく入金しましたが、ビットコインの着金確認までに3時間程度かかりました。

着金確認がされれば承認まであと少しなので、気長に待ちましょう。

ちなみに貸借料は着金の翌日から発生します!

たくや

BitLendingって怪しくないですか...?

年利8%~10%を謳っているので、怪しく感じるのも分かりますが、全く怪しくありません。

実際に自分もBitLendingを利用して、ビットコインの貸出をしています。

ちゃんと貸借料の支払いも滞ることなく行われています。

自分はBitLendingを全面的に信用して、貸出をしています!

たくや

他にも怪しくない根拠をまとめた記事もあるので、気になる方は目を通してみてください。

合わせて読みたい!

預けた通貨は返還申請してどのくらいで戻ってきますか?

BitLendingの公式ページには以下のような記載があります。

返還請求を受理した翌日から「7営業日以内」にお客様ご指定のアドレスのウォレットに着金します。

BitLending:よくある質問より引用

休日や祝日をまたぐと、若干の前後が生じる場合があるので、注意が必要です。

途中で辞めたくなったら辞められますか?

途中で辞めることももちろん可能です。

しかし、注意点として、貸出してから1ヶ月間は辞めることはできません。

1ヶ月が経過してから辞めるようにしましょう。

※ 解約に伴う、手数料等は掛からないので安心してください。

まとめ:GMOコインを利用してお得にBitLendingを始めよう!

今回の記事では、BitLendingにお得に送金できる方法の1つである、GMOコインから送金する手順を解説してきました。

GMOコインは送金以外にも、

  • 日本円の入出金
  • 通貨の購入手数料(取引所利用時)

といった、他の取引所では手数料が掛かるものまで無料で、大変お得な取引所です。

暗号資産取引所の選択を間違えると、預入で稼いでも、送金で損をしてしまう可能性があります。

そういったことが起こらない取引所、GMOコインを積極的に利用していきましょう!

サクッと口座登録できるので、ぜひ登録して利用してみてください。

\登録簡単!約10分で口座開設できる!/

GMOコインの登録はこちらから!

\お得に利用できる暗号資産取引所!/

-Bit Lending